薬剤師の転職は経歴がとても重要に

薬剤師は働ける選択肢の場所が多い

私自身が薬剤師として何度か転職をしている中で感じることとしては、薬剤師としてどのような仕事をしてきたのかによって、転職の幅が決まってくると言う部分があることです。
薬剤師は一般の人から見れば医療系の資格であり、病院で働く専門家と言う印象を持っているようなのですが、実際には転職先として数えることができる先は非常に多岐にわたります。
私はなったことがないのですが、薬の研究開発に携わる研究職もあれば、製薬会社の営業に従事することもあります。
他には病院などで薬剤師として働くこともありますし、関連する調剤薬局で薬の処方に従事することもごく普通のことです。

「リクナビ薬剤師」のレポート
急ぎで転職をしなくてはいけないという方はチェックしてみてください。
https://t.co/vQCwg7xgYR #リクナビ薬剤師 #薬剤師

— 薬剤師コンサルタント (@yakuzaishicon) 2019年5月4日
一般的なイメージとしてはこれが1番多いようですが、実際には町のドラッグストアでの仕事もたくさんあります。
これらの中で最も働きやすいのは実はドラッグストアです。
非常に活気があり、数多くの求人があることからも魅力的な仕事である印象があります。
一時期は病院の給料よりもドラッグストアの方が良かったこともあり、転職を意識する人も多かったですし、実際に私もそんな1人です。
今でこそ絶対に必要なスタッフと言うわけではなくなりましたが、それでも高い需要があることは間違いありません。
しかしながらこのドラッグストアでの仕事は研究職や医療の現場ではなかなか評価されるものではありません。

薬剤師は働ける選択肢の場所が多い : 薬剤で研究職に就けるのは一握り : 命に関わる薬剤師は経験がとても重要される職種

薬剤師 転職こちら公開求人検索 | 薬剤師転職・求人